白いスーツの女性

必要なシステムを知る

セキュリティパッチの適応の自動化

企業のシステムを狙ったサイバー攻撃が増加している中で、企業のシステム担当者はシステムの脆弱性対策をリアルタイムに行っていく必要があります。企業のシステムが複雑化している中では、システム担当者にとっては、脆弱性対策としてのセキュリティパッチのリアルタイムな適応作業は非常に負荷のかかる作業となっています。最近では、セキュリティパッチの適応の自動化を支援するソフトウェアが提供されています。セキュリティパッチの適応の自動化ソフトウェアにより、パッチが未適応であるサーバーや端末を自動で検出して、パッチを適応できるようになります。自動でのパッチ適応の仕組みは、ネットワークを通じて実施されるケースが多いです。

自動化のソフトウェアを利用するには

脆弱性対策としてのセキュリティパッチ適応の自動化ソフトウェアは、企業のシステムに対してソフトウェアを導入して、設定の作業を行うことで利用することができるようになります。複数のソフトウェアベンダーがセキュリティパッチ適応の自動化ソフトウェアを提供しているため、いくつかのベンダーに話を聞いてみることをお勧めします。それぞれのベンダーにより提供している仕組みは異なり、利用する環境に適応可能かについても事前にテストを行う必要があります。セキュリティパッチの適応を自動化できることで、システムの担当者の負担が軽減されるだけではなく、最新のセキュリティ脆弱性対策が実施された状態を保つことができるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加