白いスーツの女性

急増している理由

コンサルティング企業を選ぶ

ISO9001やISO14001の取得を目指す企業が増えています。9001は仕事の品質、一方14001は環境に対する規格です。JIS規格のように出来上がった製品に授与される規格ではないので、進行が非常に難しいのです。ISOの取得までの流れとして、社内目標を定めて、その進捗状況を記録し細かい分析を行う必要があります。規格の授与は1年単位で行われるので、取得してそれで終わりということはありません。毎年社内目標を見直す必要があります。ISOについては様々な著作がありますが、本を読んだだけでは勉強しきれるものではありません。進捗状況の分析や目標の設定について、適切なアドバイスを受けられるよう、コンサルティング企業と提携を結ぶ必要があります。

コンサルを賢く利用する

コンサルティング企業が決まったら、そちらへの積極的な働きかけが重要です。コンサルティング企業と言えども、何から何まで手取り足取りで面倒見てくれる訳ではありません。それどころか、ISO取得の取り組みや目標について、かなり厳しい辛辣な意見を数多く言ってきます。ISO担当泣かせのコンサルティング企業ですが、厳しい姿勢で臨んでくれるからこそ規格取得の道が開かれるというものです。国際規格ISOの取得につては、それ位厳しいものがあるのです。コンサルを利用する頻度も問題となりますが、多くの会社は月1回以上のペースでコンサルを利用しています。日付が空きすぎると、目標修正が難しくなることもあります。気が重くなるコンサルティング会社との折衝ですが、こちらも年間計画を立てるとやりやすいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加