白いスーツの女性

データを守る為に

社内のデータを危険から守る

最近では多くの企業でインフラが整備されてきており、もはや社内ネットワークやパソコンがないと仕事にならない時代になってきています。それと共にネットワークの危険度も高まってきていて、様々な脅威から社内のネットワークやパソコン、データなどを守る必要があります。インターネット上には様々なウイルスや危険が潜んでいますし、メール経由でウイルスなどが入りこむ場合もあります。こうした様々な危険から社内ネットワークを守るためには、UTMが有効です。UTMとは統合型脅威管理とも呼ばれていて、Webのフィルタリングやウイルス、スパム対策など、様々なセキュリティを一括で行なえる管理のことです。UTMなら個別にソフトを導入したり、管理をする手間を省く事ができるというメリットがあります。

UTM導入のメリットについて

企業内の大事な情報やネットワーク、データ、コンピュータなどを守るためには、強固なセキュリティ対策が必要です。ファイアーウォールやウイルス対策、Webフィルタリングやスパム対策など、様々なソフトなどを導入して、日々社内ネットワークを監視して管理していく必要があります。これらを個別に導入して管理するのはとても手間がかかりますし、コストも高くつきます。これを一つにまとめて統合管理できるのがUTMです。情報化社会の昨今、常にプログラムの脆弱性を突いて、どんな悪意のあるウイルスなどが社内に入り込んでくるかわかりません。守りを強固にするためにも、UTMで効率的にセキュリティを高めて一元管理することにより、脅威から守ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加